検索
  • 山げたん

真イワシの焼魚


真イワシは脂がのっていておいしい肴となります。真イワシは、日本において主要な蛋白源の一つです。刺身、塩焼き、フライ、天ぷら、酢の物、煮付けなどにして食食べます。稚魚や幼魚はちりめんじゃこ(しらす干し)、釜あげ(釜あげしらす)や煮干しの材料となります。欧米でも塩焼き、酢漬け、油漬け、缶詰(アンチョビ)などで食用にされています。栄養面では、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸

真イワシ

を豊富に含まれています。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2016  Yamagetan all rights reserved.