検索
  • 山げたん

招きフクロウの福ちゃん


山げたんの招きフクロウです。北海道の蝦夷フクロウの木彫りです。

ふくろうが縁起物として、非常に人気があるのにはさまざまな理由があり、日本国内にとどまらず古代ギリシャ神話にも登場します。 古代ギリシャ神話によると、ふくろうは知恵の女神の遣いで森の賢者とも呼ばれていたため、知恵の象徴として言い伝えられています。 霊的な力も持っているといわれており、その知恵を持って森と人間を悪霊などから守っているといわれています。 他にはギリシャやメキシコでも富の象徴として、置き物を家に飾るなど縁起の良い鳥として親しまれています。 日本では昔から、ふくろうはぐるりと首が回ることから、「借金を背負って首が回らなくなる」ということがなく、暗闇の中でもよく目が見えることから「商売繁盛」や「招福の縁起物」といわれています。 また、ふくろうにはさまざまな当て字が当てられています。 「不苦労」は苦労知らず、中華屋料理店に良く見かけることのある「福龍」は、福をまとめるという意味で、中華圏では縁起の良い名前とされています。 「福来」は福がやってくる、「福老」は幸福に年をとる、という素敵な意味です。 当て字のようですが「福来朗」は福が来るのを呼ぶという意味があり、古くから世界や日本において、ふくろうは縁起物として親しまれてきました。

フクロウ


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2016  Yamagetan all rights reserved.